雇用・人材定着ソリューション

採用率のアップ、補助金の活用等による職場環境改善等人材定着をサポートします。

歯科経営における人材流動性の高さ

新規開業された院長が開業前には想定していなかった最大の悩みは「人材の確保と定着」です。特に歯科クリニックにおける人材は女性が90%以上を占めることから、結婚・出産・育児等の理由により、流動性が極めて高いことが特徴です。

歯科経営における採用

歯科経営における人材採用の大きな特徴は「競合歯科との人材の取り合い」です。一般企業の採用と比べると、採用エリアが狭小範囲となるため、競合歯科との人材の奪い合いが起こります。以下に魅力的な条件と職場を整えるかが人材の確保・定着にはなくてはなりません。

就業規則の確立

人々の働き方の価値観は多様化し、社会の制度も年々変化しています。それらは「ブラック企業」「働き方改革」というような言葉に代表され、雇用者保護の視点は強まっています。歯科クリニックも同様で、魅力で社会的にも信頼できる労働環境を提供できないクリニックは採用・人材定着が難しくなっています。就業規則がしっかり整っている、雇用契約が明文化されているというのは最低条件になりつつあります。

歯科クリニックにおける定着の実態

とはいえ人材の定着率を上げることは、開業後すぐに実現できるほど現実は甘くありません。ある程度の人材流動は避けられず、むしろ意識すべきは全体の定着向上ではなく「良い人材の定着向上」と割り切るべきです。

当社には、採用・採用環境改善・人材定着サポート以外にも補助金活用に関するノウハウも多数持ち合わせています。是非、問い合わせフォームよりお問い合わせください。