WEBサイト最適化

「駅名+歯医者」のSEO・SEMを軸に、新患獲得と既存患者の囲い込みができるWEBサイトへの最適化を進めます。

検索上位に表示される強いサイトを作る方法

現在インターネット利用の7割がスマートフォンになっています。Googleの検索アルゴリズムもスマホに最適化されていないサイトは順位が上がりづらくなっています。また以前のような被リンクを強引に増やすいわゆる「ブラックSEO」といわれる手法はペナルティの対象になり、検索結果から除外されるようになっています。現在まだ精度が追い付いていない「サクラによるGoogle口コミ」も近いうちにGoogleのアルゴリズムは確実に追いついてくるでしょう。このようにGoogleの検索アルゴリズムは常にバージョンアップされているのです。

検索上位に表示され残っていける強いWEBサイトとは、検索ユーザーに最適化され、更新が滞らずコツコツ運営がされているサイトです。デザインや見た目ばかりに拘っているWEBサイトでは、決して新患を獲得することはできません。

歯科HPが抑えるべき最も重要な検索キーワード

歯科クリニックのホームページが抑えるべき最も重要なキーワードは、「最寄駅名+歯医者」です。「歯科」と検索するユーザーより、「歯医者」と検索するユーザーのほうが約2.5倍も多いのです(2019年8月時点のGoogle月間平均検索量:歯科13.5万回/歯医者30.1万回)。

また「歯医者+新宿」は月間880回に対して、「新宿+歯医者」は3倍以上の月間2,900回です。この傾向は新宿に限らず、日本中あらゆる駅名・地名において共通です。

またスマホ検索はご存知の通りGoogleマップが最上部に表示されます。Googleマップは通常の検索結果だけでなく、「駅からの距離」「検索時に営業しているか」「口コミの数」までもトータルで勘案し順位が決定されています。

デザインやホームページ業者をいくら変えようが、こういった検索マーケティングのデータやノウハウがなければWEBサイトから新患を増やすことはできません。

当社には、SEOおよびSEMに精通した内外の専門部隊を抱えています。是非お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。